訪問者さまよりいただいた質問・キャラクターに関するQ&Aです。 | 小説の書き方講座

お気に入りへのご登録はお済ですか? ⇒ 

訪問者さまよりいただいた質問・キャラクターに関するQ&Aです。

オバサンと女子高生を上手に書き分けることができません

これは私の個人的な見解ですが……。
多分、これは何の冗談でもなく、おばさんと女子高生の違いは「世代の違い」にあると思います。経験の差です。
実際によくよく観察してみると、「やっていることはほとんど同じ」であることが分かります。同じ「女性」なのですから、思考回路は似ています。図々しい人もいれば、大人しい人もいるわけです。
友人たちとおしゃべりに花が咲いて大笑いしている場面などは、オバサンでも女子高生でもよく見かけます。行動様式は同じように感じますね。傍若無人のくせに、他力本願で、わが身を振り返ることをしない人が目立つように感じるのは私だけでしょうか(苦笑)?

 

電車の狭い隙間にむりやり乗り込んでくるオバサンの横には、お年寄りに席を譲りもしないで、寝たふりをしている女子高生がいたります。「まぁ、どうせ自分がやらなくても、誰かがやってくれるだろう」と、他人に手を貸さないことも多い(学生の場合は面倒くさくて関わりたくない感情が強く、オバサンはとばっちりを受けることを嫌って関わらない感情が強いのではないかと、私的には分析しています)。
ただ、女子高生はまだ「甘やかされた環境」にいて、オバサンたちには「社会経験がある」という違いは、かなり大きいと思いますね。でも女子高生たちだって、これから社会へ出てゆくわけですから…やはり「世代の問題・経験の差」ではないでしょうか?

 

年齢の違う人物を上手に書くには、その年代の方たちをとことん観察することが重要です。それが難しいなら、その年代に近いと思われる人のブログをよく読みましょう。
あとは自慢の想像力を大いに働かせるべし!(笑)。

いつもキャラの名前を考えるのにてこずります

まずは、参考までに<辞典の上手な使い方>に目を通してください。名前を考えるアイディアを与えてくれる様々な辞書をご紹介しています。特に日本名を考える時などは「赤ちゃんの名前」辞典などが大変重宝します。流行の名前とかも分かるので。書店で立ち読みも出来ますしね(笑)。ファンタジー小説でのキャラの名前ならば、各種「用語辞典」から簡単にヒントを得ることができます。用語を一文字か二文字変えるだけで使えますからね。
ただ、気をつけて欲しいことは、キャラの存在が名前に負けてしまわないことです。

 

「光輝」なんて名前の主人公が暗い性格だと、違和感がありますよね? 力技が得意な熱血タイプのキャラに「クリス」なんて付けても似合いません(勿論、そのギャップを狙ったキャラを作成するならば、話は別ですが)。
名は体を現すと言います。
キャラクターのイメージ・印象に似合いそうな漢字を拾ってつなげるのも良いと思います。ただ、あまり「凝った」「キレイすぎる」名前は控えた方が良いかもしれません。

 

「こんな名前の奴、絶対存在しそうにない」
と、感じられるものでは、現実味がありません。
それから、個性あふれるオリジナルの名前を考えたいのであれば、「あ」〜「ん」までの文字と「ば」「ぱ」「びゃ」「−」「ッ」…などの文字を一つずつ暗記カードに書いて机の上にばらまき、よく掻き混ぜてから目をつぶって文字数分のカードを取る…という手段もあります(笑)。
試しにやってみますが…
■ パポラ
■ ドリーマカ
■ イソリ
■ キュマイ
■ ノカホリー
■ シュレ

 

……などが出ました。
文字の組み合わせ方を変えれば、名前のアイディアなんて無限大です。
あなたのキャラにぴったりの名前があると良いですね。

 

どこかで見たことがあるキャラクターしか作れません

これは「知識を得るには」でもご紹介しましたが、人間は、自分の記憶の範囲からでしか物事を想像できません。
今までに読んだラノベや、見てきたアニメの中に登場していたキャラクターを、ついつい思い浮かべたり連想したりして小説を書いてしまうため、キャラが似てしまうのです。

 

あるいは、つい自分の理想のキャラクターを作ってしまうがために、似たキャラしか作れないことも原因になります。
確かにかっこよくしよう、可愛くしようと思う気持ちは分かるのですが、かっこいい、かわいいだけでは主人公が目立ちません。
外見的には理想的なキャラを想像しても、正確にはクセを付けたり、口調を変えたりして個性を与えてあげてください。
あなただけの魅力的なキャラクターが出来ると良いですね!

おすすめの書籍とサイトはこちら