訪問者さまよりいただいた質問・執筆に関するQ&Aです。 | 小説の書き方講座

お気に入りへのご登録はお済ですか? ⇒ 

訪問者さまよりいただいた質問・執筆に関するQ&Aです。

パロディものの小説を書きたい!原作の著作権に触れますか?

まず、日本には、パロディを規制する明確な法律がありません。
しかし、じゃあOKなのか?…というと、そうでもないのが現状です。
パロディを書くなら、原作者に訴えられることも覚悟しないといけない…というのは、決して脅しではないお話。自分の趣味の範囲内で楽しむだけなら問題ありませんが、そのパロディ作品を利用してお金を稼いだり、原作のイメージを悪くすることがあるなら、書くべきではありませんね。

 

そもそも「著作権を侵害された」と訴えられるためには、原作者が訴えを起こさなくてはなりません。明確な法律が存在しないので、要するに、原作者の堪忍袋がいつ切れるかにすべてがかかっている状態です。
そこで、原作があるものをネタとして使用する時は、引用の明記をすること…という、マナー的ルールみたいなものが生まれましたし、パロディ化する時は、原作のイメージが悪くならない程度に配慮するという、気遣いも大事だと広がりました。

 

つまり、私が言いたいのは。

もしも貴方が作成するパロディネタを使った作品が、収益を得るため、世間からの話題性を集めるために作られたものではなく、個人が仲間内だけでひっそりと楽しむだけのものとして執筆されたもので。日本人口の中の、ごく僅かな人間しか知りうることがない作品であるならば、訴訟される危険性は薄いので、趣味として楽しんで執筆しても良い(ネット上に公開するなど)ということ。
それから。
そうではなく、そのパロディ作品で人気を集めて儲けることを目的としていたり。あるいは、原作に対する批判の声を高めるような内容で、それが原作者の目に入ったり、耳に入ったりするほど、ネット上や世間的にも広がってしまいそうな危険性があるのなら、執筆するべきではないということ、です。

 

もしも貴方が、すでに作家としてデビューしていて、そのパロディ作品を出版して印税を稼ごうとしているなら、原作者へ許可を取る必要があるでしょう。それがマナーだと思います。
しかし貴方は無名で、小説を書くことはまだ趣味の域を出ておらず、そのパロディ作品で収益を得るつもりも、原作を悪く言うつもりもないのであれば、執筆をおおいに楽しんでください。

 

ただし、本当に楽しみたいのであれば、マナーは守りましょう。ネットにて公開する場合には、「これはあくまでも個人が趣味で書いている作品で、原作とはまるで関係がない」ということをサイト上にて明確にしておくことです。
これは私個人の意見ですが、原作のあるものを多数ネタとして、自分の作品中であれこれパロっている作品は完全にパロディ。二次創作です。

 

そうではなく、とあるシーンで、ほんのちょっと使いたい場合でも、そのたった一つのネタが、作品のストーリーを大きく左右するほど影響のある使い方なら、やはりそれはパロディで、二次創作でしょう。
「これはオリジナルの作品です!」と言うためには、1つの笑いを取るための手段として、ちょっとだけネタを使うだけにとどめなくてはいけません。本当に読者を笑わせたり、感動させたりする手段には、そんなネタなどを使わずに、自分の文章とアイデアだけで勝負したいものですね。

何をどれだけ書いても、自分で納得のいく作品にしあがりません

つねに向上心があるって事です! 素晴らしいですね!
しかし、小説を執筆している最中に、自分の作品がつまらなく感じ、書く気力が失せ、完成してもいないのに、やめてしまう……ということを繰り返していると、応募作なんて一生書けません。
まずは作品を最後までかききることが重要! 完成させると、自分の作品の悪い点が何となく分かるようになりますから、次に書くときにはそこを気をつけて書く。そしてまた、気がついて、直す……そうすると、確実に文章力が上がっていくのが分かります。投げ捨てず、作品を大事にして、自分の欠点と正面から向き合ってみてください。

 

自分は文章を書くと、箇条書きになってしまう

文章を書くと、箇条書きのようになってしまうのは「説明しよう」とする気持ちが
先走ってしまう時に起こってしまう現象ですね^^。書きたい!という気持ちがあるのはとても素晴らしいことですよ!
文章には「推測」、「肯定」、「否定」、「体言止め」という「語尾」の種類があります。

 

「〜だろう」・推測
「〜だ」・肯定
「〜ではない」・否定
「〜(名詞で終わる)」・体言止め

 

これらを上手に組み合わせること。そして文章の間、間に詳しい情報を含めること。そして長い文章と短い文章を適度に用いることによって、箇条書きのような書き方を脱することができますよ!
具体的に例を挙げましょうか。

 

机の上にはパソコン画面、ライトノベル、コーヒーカップが乗っている。カップの横には空になったスティックシュガーの袋と、ティースプーンが置いてある。カップの中のコーヒーは半分以下に減っている。

 

……という、文章を直してみましょう。

 

机の上にはパソコン画面とスピーカー、読みかけのライトノベル、そしてコーヒーカップが乗っている。カップの横には空になったスティックシュガーの袋。使い終わって汚れたティースプーンは直接机に置かれているが、彼は恐らく何のためらいもなく二度目も使用するだろう。細かいことは気にしない。そういう性格なのだ。カップの中のコーヒーはすっかり冷め、すでに半分以下に減っている。彼は左手でカタカタと器用にキーボードを打ちながら、右手で口元に運んだカップを傾けた。

 

どうでしょうか?
説明文だけではなく、間、間に彼のことを挟むことによって、単調ではなくなったと思います。それから、ちょっと長い文章と、数文字しかない短い文章を組み合わせることにより、読むときにメリハリを感じさせることが出来ます。

 

どこかでみたことがあるような内容やキャラ設定になってしまう

残念ながら私たちは、自分の持っている知識以上のものを引き出すことができません。つまり、知識(経験も含め)が乏しければ、発想に限界が出やすくなります。
これは正直、様々な作品にたくさん触れてみたり、興味を持って色々勉強するしか対処法がありません。「面白い発想だな」と感じたものが最近読んだ小説の内容であるならば、その小説から得たもの以上に面白いものを考えなければなりません。しかしあなたの知識の中には、現在それを上回るほど面白い発想がない。それで、似たような物語になってしまうのでしょう。
あるいは、あなたが本当に書きたいと思っていた内容が、それらの内容と酷似していただけ…かもしれませんが。
知識を身に付ける方法については<知識を得るには>にて詳しく説明しています。よろしければ参考までに、是非ご覧くださいませ。

 

小説で、書くことと、書かないことの区別をつける目安とは?

短編でも、長編でも、その目安になるのは「全体のバランス」なのではないでしょうか。
このエピソードだけは絶対に外せない! と、いう部分にこそ、多くの行数を割くべきですよね?
逆に、キャラのこんな一面も知って欲しい……程度の内容であれば、「言わせたい台詞だけ」「やらせたい行動だけ」をほんの数行に縮めて書くことも出来ると思います。
本編とは全く関係のない話だけれど、キャラのある面を見せたいがあまり、ほんの「一言」を言わせるためだけに、数ページにわたるやりとりを続ける…というのは、正直、あまり意味がないと分かりますよね?
だって、その「一言」でなくとも、もっと別の場面を使用して表現する方法や、たった数回の会話のみで伝えることだって出来るのです。

 

こだわりを持ちすぎて、本来の目的が見えなくなる。

 

これが、書かなくても良い部分を生み出してしまう原因ではないでしょうか。
何も一つの作品に全てを埋め込まなくても良いのです。
埋め込みたいものが多くあるのであれば、続きの作品を書けば良いではありませんか。作品の内容にゆとりを持たせて、どのように傾けることも出来る方が、世界に広がりが生まれます。
まずは一つのエピソードを完結させて、作品を生む。
その次のエピソードで新たな事を加えて作品を大きく広げて行く。
シリーズものを書いている作家さんたちはみな、そうしているとは思いませんか?

 

小説の中で実在する人物を登場させる場合、本人の許可はいるのでしょうか?

どこまで覚悟ができているか、によります。
黙って友人をモデルにしてキャラとして登場させては、友情にヒビがはいるかもしれませんし、下手に天皇を登場させては、右翼に命を狙われるかもしれないという現実を、承知の上でのことでしょうか。
まぁ、脅しても仕方がないですね(笑)。

 

正確に申し上げますと、実在する人物を登場させることは原則自由なんです。

 

ただし、実在の人物の名前を借りるだけでなく、モデルにしてストーリーを作った場合には、そりゃあ許可は必要です。本人の人権問題に関わることですからね。当たり前です。
しかし、さすがに「天皇陛下」に了解を貰うのは無理です(笑)。なので、どうしてもそのような物語が書きたい場合には、似たような存在を別名で作り(天皇という呼び名ではない、別の皇族をでっち上げて作る)、個人名も変えて書くと良いでしょう。作中では「裏の天皇と呼ばれている存在だ」などと説明すれば、簡単ですよね。小説内でその人物がどんな行動をとろうとも、日本社会に影響することはないので、何の問題もありません。
ただしこの決まりは日本に限り…です。他国(特にあまり発展していないような小さな国)については、タブーが多いため、モデルにすることを禁じています。この点だけは注意してください。

 

「死」というものについて軽く扱っていると友人に言われました

初心者がやってしまいがちな、「死」についての書き方について。

 

■ 終わらない話にオチをつけるために主人公を殺す。
■ 主人公を泣かせるために、脇役を殺す。
■ 故意に感動を与えようとして、誰かを殺す。

 

簡単に言えば「死」を記号化しているのだと思います。ストーリーの中で誰かが死ねば、そのシーンは自動的に「重大事件」となり、「悲しみ」が生まれるだろう……と、安易に解釈しているのが原因です。
しかし!! 人の「死」とは、そんなに簡単なものではないはずです!
記号としての「死」を書くことをやめて、もっと真っ向から「人の死」「命の終わり」について考え、取り組んでみてはいかがですか?
「余命○ヶ月の人々」を題材にした映画は数多くあります。死を待つ人の心境、周囲の想いなど、「死」をテーマとしている作品に触れることも研究のうちだと思いますので、ご参考までに。

 

精神病などを扱った場合、病気のことを詳しく説明するべき?

それはストーリーの内容や文脈によります。
精神病であることが、ストーリーに大きく影響しているのであれば、病気について多少のうんちくを語ることは必要でしょう。そのうんちくを伏線として使用することも出来ると思います。
しかし、単なる病気の一つとして軽く取り上げようと思う場合は、取り扱いは慎重にするべきです。「差別的な表現だ」などと非難されてしまうかもしれないからです。
要するに、「完全にイッちゃってる」キャラクターの行動や言動の「動機」として、「こいつは精神病なんだ」と説明するのは絶対にしないこと。これは紛れもなく偏見であり差別として受け取られます。
イッちゃってるキャラを書くときは「何らかの原因があり、狂ってしまった」ということが分かるような文面(エピソード)が欲しいですね。

文章に18禁制限はないのですか?

小説の表現を第三者として規制する組織……例えば「映倫」や「ソフ倫」に相当するものはありません。
従って、18歳未満への販売を禁ずるといった規制は特にない。
18歳未満でも堂々と官能小説や雑誌が買えます。しかしながら、教育的にはあまり良くないとして、最近は注意されるような場合もあるのだとか。
外側からの規制はありませんが、各出版社の編集部ごとに自主的なガイドラインを持っているようです。例えば児童書の規制は一般書とは全く違うし。しかしその「何を規制するか」は各出版社の判断に任されているのが現状です。
ラノベ出版界にもそれなりの歴史があり、良くも悪くも作り手が「大人」であるためか、「未成年にとっては刺激があるような表現(キスやエッチなどの言葉)」でも、全く問題ないとしているところが多いようです。さすがに官能小説並みの直接的で過度な表現はボツをくらうようですが。

 

作品中で「宗教」を取り扱う時、気をつけることはありますか?

現実に実在している「宗教」に関しては、慎重に取り扱ってください。
しかし、いわゆる三大宗教は、わりと寛容だとは思います。例えばキリスト教に良く似た宗教を作って、それに適当な名前を付けたくらいでは、バチカンも文句は言ってきません(笑)。というか、それくらいではビクともしない巨大組織なので、問題ないのです。キャラクターがキリスト教徒だったとしても大丈夫です。
しかし、実在する新しい宗教、小さな団体はうるさいと思いますので注意。特定の「教祖様」の名前(苗字)が同じだというだけで、その宗教団体に抗議を受ける場合も考えられます。現代を舞台にした作品で宗教を創造するときは慎重に。

おすすめの書籍とサイトはこちら